パターの種類と選び方/グリーンの神様

パターの種類と選び方/グリーンの神様

パターとはグリーン上でカップインを目的とする転がし専用のゴルフクラブでパターの種類にはピンタイプと、レットタイプ、L字型タイプと大きく分けて3種類のパターがあります。どちらもメリット・デメリットがあり、どちらの種類を使うのかは本人の好みによります。

パターの種類とメリット・デメリット

ピンタイプパター 

ゴルフメーカー「PING」が作ったパターで似たようなものをピンタイプと呼ばれています。
使い安く、初心者にも扱いやすいパターの種類です。

メリットとしては感性で打つのでロングパットにはいい感じ。
決まるときにはパットがビシバシ決まりますね。

デメリットはこれまた感性絡みですが、合わないときにはフィーリングが中々合いづらい感があります。
マレット型パター  マレット型はかまぼこ型パターとも言われています。
重量が振り子のようにありまっすぐ引きやすく、真っ直ぐ打ちやすいパターです。
オートマティカルに打てるのでショートパットなどの方向性を出しやすいパターです。

メリットとしては
非常にストロークがしやすいです。ピンタイプより平均的に入るような気がします。

デメリットはロングパットの距離感が出しにくいです。
ネオマレットパター  マレット型にも奇抜でちょっと面白い形をしているものをネオマレット型パターといいます。
重心バランスが良く、安定したパッティングが出来ます。

メリットはヘッドが大きく方向を示すマークが目立つように工夫されているので方向性は出しやすいです。

デメリットは重いことですね。

いろんな形があるので選ぶのが楽しいパターでもあります。
L字型パター  ヘッドとシャフトが横から見るとL字型になっているものをL字型パターといいます。
ストロークが真っ直ぐ引くのではなく、円弧を描いて打つので一般的に上級者向きですね。スイートスポットエリア(芯)も狭いの初心者には向きません。

メリットは構えやすくフィーリングで打ちやすい。

デメリットはフェースが開きやすい。

L字パターを使う人はパッティングが上手な人が多いです。
長尺パター  最近プロゴルファーの仲でも使っている人が多いのが長尺パター。

シャフトが長いものが長尺、ちょっと短いのが中尺パターです。

アンカーリングという打法で体に固定してストロークするのですが、2016年から徐々にプロの試合では廃止されて行きます。

ですのでアマチュアの我々も今から長尺パターを取り入れないほうが良いでしょう。
スポンサードリンク

パターの選び方


どのパターの種類がいいのか?はズバリ好みです。

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すストロークが好みならマレットがお勧めですし、センスで打つのが好きならピンタイプやL字型を持つのがいいですね。

一番いい選び方はゴルフショップに行って試打して選ぶのが一番。これが一番いいパターの選び方です。

ゴルフショップにはいろんな種類のパターが置いてあるので試打して自分にあうのを見つけましょう。

でもこれではパターの選び方について何のアドバイスにもなりませんのでポイントだけは抑えてパターを選ぶようにしましょう。

セットアップしやすいパターを選ぶ
実際にセットアップしてみて構えやすいかどうかを確認しましょう。セットアップに違和感を感じる場合、長さがあって無いのかもしれません。
パターは豪快にヒットさせるクラブではありません。デリケートに打つクラブです。

身長180センチの人と160センチの人が同じ長さのパターを使う。

なんか違和感を感じませんか?

パターのヘッド形状は好みでもいいですが、シャフトの長さはこだわって選びましょう。

女子プロゴルファーの宮里藍ちゃんは5ミリ単位で選ぶこだわりを持っていると聞きます。
我々もこだわってみましょう。

パターの重さ
パターの種類にはいろいろありますが、ピンタイプのパターとマレット型のパターでは重さはかなり違います。
マレットでもヘッドの大きさがいろいろあるので重さはかなり違ってきます。

軽いほうが打ちやすいか、ずっしりと重さを感じるほうが打ちやすいか、これは好みで選びましょう。

ボールの転がり
セットアップして気に入ったパターを見つけたら、後は実際にボールを打って転がりをみましょう。
狙った方向にちゃんと転がるか、イメージどおりの強さで転がっていくかをチェックしましょう。

一回打つだけでなく、10回は打って試してみましょう。

パターの価格
理想のパターが見つかったら後は価格です。最終的な決断は懐具合になりますね。

でもここでケチっては駄目。・・・・絶対駄目。

そもそも理想のパターを見つけるのは大変難しいことです。
もしそれが運良く見つけ出せることが出来たなら運命と思って買いましょう。

長いゴルフ人生で一番変えないクラブはズバリパターです。
長年使う、一生モンであればそれだけの投資をするべきです。

まあ高ければパッティングがうまくいくかというと、それはありません。
ちなみに私のセカンドパターは一番最初に買った一番安いゴルフセットについてきたメーカー刻印も無い超安物パターです。
恐らく落ちてても誰も拾わない代物でしょうし、リサイクルショップに持っていけば逆に処分費を取られそうなパターですが、パットの調子が悪くなった時に原点に戻るために残してたまに使っているスーパーサブパターです。

スポンサードリンク



私のお勧めは初心者やパットが苦手な人にはマレットやネオマレットを選ぶのがいいと思います。

あるメーカーが調査したところアマチュアゴルファーの7割が方向性に対して正しくセットアップされていないそうです。
そこでマレットを使えば方向性は他の種類のパターよりはあるので正しい方向にセットアップして真っ直ぐ打つことをこころがけることです。

余談ですが伝説的なアマチュアゴルファー中部銀次郎氏はパターは2本持つことを薦めてました。

中部氏はピンタイプとマレット型の2種類のパターを持っており、主にピンタイプを使用し、調子が悪くなった場合、マレットにすることにより気分を切り替えていたそうです。

私もマレットタイプと超安物ピンタイプの2種類のパターを持っており、主にマレットを使っています。

でも結局は打つ本人の調子とグリーンの状態で入る入らないが決まるところが大きいのでパターの種類は好みで決めるのでも全然OKです。