パターの打ち方/グリーンの神様

パターの打ち方/グリーンの神様

ゴルフにおいて一番重要なのはグリーン上でのパッティング。パターが決まると気分もいいし、スコアメイクも楽だし、なんと言ってもゴルフが安定します。パターの打ち方とは三者三様です。グリップもいろんな形がありそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

あなたはどんなパターの打ち方が好みですか?

 

 

パターの握り方「グリップ」

まず、重要なのは握り方「グリップ」です。
パターの握り方はオーバーラッピング、逆オーバーラッピング、インターロッキング、クロスハンド、ベースボール、クロウグリップなどいろいろあって正解はありません。

 

プロゴルファーに限らずアマチュアでもパッティングのグリップは逆オーバーラッピングが多いのですが、その理由は「なんとなく」が多いですので自分にとって打ちやすい、握りやすいグリップを選んで練習しましょう。

 

パターのアドレス・構え方

パター,ゴルフ,打ち方,コツ,ストローク

パターのアドレス・構え方は基本的に2種類に分かれます。パターに型無しといわれているので人それぞれですが、基本的には五角形と三角形のどちらかになると思います。

 

五角形にアドレスする場合、基本肘は開きますので脇を閉めることにはなりません。そして支点は肩の真ん中になります。そういわゆるショルダーストロークとなる形が多いです。

 

三角形アドレスの場合、支点は手首となります。でも人によっては三角形でショルダーストロークにしている方もおります。

 

要は狙いに真っ直ぐ打てれば形も支点も何でもいいのですが、基本から入り自分流に改造していく人が多いので「型無し」といわれるのでしょうね。

 

ボールの位置は基本、左目の下となります。
一度ボールを置いて構えて、左目にボールを当てて落としてみて下さい。落としたボールが置いてあるボールに当たるのであれば位置はOKです。

 

両足は肩幅に合わせたくらいの距離に開くのが基本ですね。

 

スポンサードリンク

 

パターのストローク

パターのストロークは大きく分けると2種類あります。
手首を支点として時計の振り子のように振るタップ式とグリップと腕を固定し肩でストロークするショルダー式です。
多くのプロゴルファーは肩で振るショルダー式のパッティングをする人が多いですね。

 

タップ式の場合、ゴルフボールをパチンと打つような感じになるのに対してショルダー式はボールを送り出すような感じで打ちます。

 

パターのコツ

パターのコツとして大事なポイントが3点があります。

ソールを浮かせて構えて、テイクバックする。

まずパターの構え方でアドレスを取るときにパターヘッドのソールを地面につけるか、つけないかでパッティングに影響してきます。

 

パターの打ち方のコツ1

左画像:Aのようにソールをグリーンに置いて構える場合とBのようにソールを浮かせて構えてテイクバックするとどうなるでるしょうか?

 

 

パターの打ち方のコツ2 

Aのソールを置いたままテイクバックすると、まさかのパターでのダフリ!の危険性があります。
そして打点がボールの下のほうを叩くことになるのでバックスピンがかかって距離感がばらつきます。

パターの打ち方のコツ3  パターヘッドをグリーンから少し浮かせて構えてそのままテイクバックすると打点がボールの中心を捉えることができます。それにより直進性の高いスピンが生まれ、距離感が安定します。

クラブで芯を捉える事がゴルフでは非常に大事なことですが、クラブの芯だけでなくボールの芯を捉えることがパターでは大事になってきます。

 

クラブだけでなく、ボールの芯を捉えてパッティングする

 

距離感はフォローで調整する

プロゴルファーのパッティングを見ているとストロークは短めに取り、打ってからのフォローで強さを調整しています。
振り幅で強さを調整するのではなく、フォローで強さを調整すると距離感を出しやすいのです。
またストロークを短く取ることにより、パターのブレを少なくすることもできます。

 

パターは振り幅を小さくすることで方向性を安定させ、送り出すフォローで距離感を出す

 

頭は動かさない

そしてドライバーやアイアンの打ち方でも共通することですが、頭を動かさないことです。
打ってからボールの行く先が気になりつい目でボールを追ってしまいます。そうすると自然と頭も動いてしまいます。

 

完全にフィニッシュの位置までストロークするまで下を見てパットします。ショートパットの場合は「ボールの行き先は耳で聞け」というようにカップインするまで頭を上げない意識が重要です。

 

パッティングしてボールの行き先を追わずに下をみて頭を動かさない。

 

これがパター上達の秘訣です。

 

スポンサードリンク

 

ロングパット上達のコツ

ロングパットを上手くなるコツについて先日、グレッグノーマンがレクチャーしてました。

 

そのコツはズバリ、練習をいっぱいすること!だそうです。

 

どんなに遠いパットも2パットで決めるようになるには練習して距離感を体で覚えることが重要で、如何に1パットで近づけるようになるかだそうです。

 

結局は反復練習が一番重要ということですね。